トップ サービス 相談室 法律無料相談会 TOPIX サイトマップ

電話相談を受けられる内容
【相続、遺言・契約(悪質商法等)・消費者問題・成年後見制度等】
地域貢献市民法務研究会 代表 行政書士 出口太郎
〒156-0056 東京都世田谷区八幡山3-28-14-103
http://deguchi.gyosei.or.jp/  TEL ・FAX 03-6304-6430

相続、遺言
相続紛争は親族との骨肉の争いとなり、不縁となります。トラブル対策。
・遺言書の事例
1 特定の者に財産を多く遺したいとき(遺贈や遺産分割方法の指定)
2 特定の者に財産を多く遺したいとき(相続人ごとに相続分を指定)
3 行方不明者に相続させたくないとき
4 虐待した相続人の一人を廃除したいとき
5 廃除された者に財産を遺したいとき
6 妻に全財産を遺したいとき
7 妻に土地や建物を遺すために遺留分減殺の順序を指定する
8 離婚調停中の配偶者に相続させたくないとき
9 親の後妻に財産を遺したい
10 妻の再婚相手には財産を渡したくないとき
11 遠隔地にいる兄弟姉妹に財産を遺したくないとき
12 兄弟姉妹に財産を遺したい
13 子に財産を遺したくないとき
14 実親に財産を遺したい
15 先妻の子よりも後妻の子に多くの財産を相続させたいとき
16 先妻の子と後妻との相続争いを避けたいとき
17 愛人に財産を遺したいとき
18 愛人の子と本妻の子の相続分を同じにしたい
19 愛人との間に生まれた子にも財産を遺したいとき
20 愛人の子を自分の子として認知したい
21 認知していない子に財産を遺したいとき
22 胎児に財産を遺したいとき
23 養子に財産を遺したい
24 戸籍上の妻とは別に内縁の妻がいるとき
25 親のいない孫に財産を遺したいとき
26 甥や姪に財産を相続させたいとき
27 自分より先に妹が死亡した場合に妹の子に財産を遺したいとき
28 妻の連れ子にも財産を遺したいとき
29 生前世話になった息子の妻に財産を遺したいとき
30 生前恩を受けた人にも財産を贈りたいとき
31 生命保険金の受取人を変えたい時
32 子に妻の老後の世話を頼みたいとき
33 現在の妻に先妻の子の世話を頼みたいとき
34 障害のある配偶者に財産を多く遺したいとき
35 認知症の妻に土地と家を遺し後見人を指定する
36 子の後見人を指定したいとき
37 ペットの世話を頼みたいとき
38 相続人が誰もいないとき
39 遺留分減殺請求をしてほしくない
40 特定の者に遺留分を放棄してもらいたい
41 相続財産の中に寄与分があるとき
42 妻の扶養を長男に託したいとき
43 特別受益があるとき
44 相続財産の中に借金があるとき
45 特定の者に借入金の債務と抵当権を相続させたい
46 損害賠償債権を相続させたいとき
47 債務の免除をしたいとき
48 遺産分割の際にトラブルが予想されるとき
49 相続人のl人に財産の担保責任を負わせるとき
50 遺産分割方法の指定を第三者に委託するとき
51 遺産分割を禁止するとき
52 遺言執行者を指定するとき
53 複数の遺言執行者を選任したいとき
54 遺言執行者の報酬を決めるとき
55 遺産で一般財団法人を設立するとき
56 公益法人に財産を寄付したいとき
57 財産を公的事業のために信託するとき
58 財産を信託して遺族の財産を管理してもらうとき
59 永代供養を受けられるように信託するとき
60 祭祀承継者を指定するとき
61 葬儀などの指示をするとき
62 会社の運営方法を指示したいとき
63 会社後継者を指名するとき
64 事業承継をするとき
65 農地の単独相続の指示をするとき
66 有能な社員に遺贈したいとき
67 全財産を長男に相続させたいとき
68 家訓を受け継ぐように指示したいとき
69 自分の死後、遺族にしてほしいことを伝えるとき
契約(悪質商法等等)
今だに騙される商法に引っかかりトラブルが絶えません。そのための知識や対応策を。
消費者問題
特定商取引法がありますが、これは消費者が事業者との契約の上での法律です。ここで色々定めています。知っているのと知らないのでは大きな違いがあります。
成年後見制度
認知症になりますと、成年後見制度により契約したときに、保護される制度です。
不動産の問題
契約上の問題や原状回復・借地借家法の問題等
相談内容の事例
・小規模宅地等についての相続税の課税価格の計算の特例
特定居住用宅地等の適用での減額事例(50%〜80%)
特定事業用宅地等の適用での減額事例(50%〜80%)
小規模特例QA-41例
・成年後見制度の概要
成年後見制度の手続き
・農地制度の一部改正10 ポイント
・高齢者虐待防止法とは
・相続をめぐる疑問
・改正育児・介護休業法に関するQ&A
・労働時間等見直しガイドライン
・見守り契約
・死後事務委任契約
・尊厳死宣言とは
見守り契約・財産管理等委任契約・死後事務委任契約・尊厳死宣言
・遺言代用の信託・後継ぎ遺贈型の受益者連続信託・遺言信託・負担付遺言
相続対策―【遺言代用の信託・後継ぎ遺贈型の受益者連続信託・遺言信託・負担付遺言】の活用
相続資料【法定相続・遺言・遺留分・遺産分割・遺言書書式・家庭裁判所の活用方法】
・悪質商法に騙されないための契約の知識
・相続紛争事例
・不動産の問題(原状回復・借地借家等の問題)
・電子商取引の問題
気になる情報
不動産・成年後見制度・相続問題・離婚・有料老人ホーム・訴訟問題・認知症問題
※会員となりますと上記の内容の相談を受けられます。
問合せ先
〒156-0056 東京都世田谷区八幡山3-28-14-103
地域貢献市民法務研究会 行政書士 出口太郎
TEL/FAX 03-6304-6430
Mail deguchi@gyosei.or.jp
会員に入会できる地域は限定します―世田谷区・杉並区・渋谷区・新宿区・三鷹市・調布市・狛江市
世田谷区の相続専門の行政書士事務所