トップ サービス 相談室 法律無料相談会 TOPIX サイトマップ

貴方の暮らしを守る暮らしの顧問を

【行政書士は、貴方の暮らしを守るための契約に関する法律の専門家です】
 
「悪質商法、詐欺商法を家に入れない防犯対策」
連日ニュースなどで報道されている様に、悪質商法・詐欺商法など高齢者を狙った卑劣な商売が非常に増えています。
相手は詐欺のプロですので、まともに対応して話を聞いてしまったら(詐欺師の思うツボ)だまされてしまいます。
まず、「相手と話さない・家に入れず断る」ことが重要ですが、中々実際には難しいものです。
断りたい話・難しい話は「行政書士に任せてある」とお答え下さい。
また、だまされないように、契約時に同席することも可能です。
日頃から被害にあわないように備えましょう!
一人住まいの高齢者がいる方の防衛策(悪質商法対策等)として、見守り契約・財産管理等委任契約・任意後見契約・死後事務委任契約等で貴方の財産等をお守りできます。
会員に入会しますと、困った場合の下記の内容の電話相談を受けられます。
電話相談を受けられる内容【相続、遺言・契約(悪質商法等)・消費者問題・成年後見制度等】
●特定商取引の知識と問題(悪質商法等)
      
行政書士 行政書士の徽章は秋桜(コスモス)の花弁の中に「行」の文字を配したもので、調和と真心を表しています。
●行政書士の使命
行政書士は、法律専門国家資格の中でも特に幅広い業務範囲を持ち、国民の生活に密着した法務サービス(書類作成等)を提供しており、高い倫理観を持って職務にあたるよう心がけています。
また、行政書士の徽章が意味するように、行政書士は社会調和を図り、誠意をもって公正・誠実に職務を行うことを通じ、国民と行政との絆として、国民の生活向上と社会の繁栄進歩に貢献することを使命としています。
※遺言書の失敗しない作り方は・いま、相続で困っている・遺産分割の方法は・遺言の作成方法は高齢になった時、財産管理が心配・もし認知症になったらどうする成年後見制度を活用する方法は契約書・契約解除・クーリングオフの方法は・内容証明郵便を出したい。内容は
その他法律相談
※下記申込書を提出し、入金を確認後に、確認のため申込者に(生活支援)会員入会契約書を送付します。
地域は限定します―世田谷区・杉並区・渋谷区・新宿区・三鷹市・調布市・狛江市

問合せ先
〒156-0056 東京都世田谷区八幡山3−28−14−103
地域貢献市民法務研究会 行政書士 出口太郎
電話 03-6304-6430 FAX 03-6304-6250
Mail deguchi@gyosei.or.jp
世田谷区の相続専門の行政書士事務所